カゴメ「ラブレ」カプセルの安全性を調査!アレルギー・副作用の心配は?

カゴメ「ラブレ」カプセルの安全性 3つのポイント

カゴメ「ラブレ」カプセル
ここがポイント
  1. 副作用の心配ない!目安摂取量は守る!
  2. アレルギーには注意!成分をしっかり確認する
  3. GMP認証工場の製造で信頼度が高い

※参考 ⇒カゴメ公式「ラブレ」通常価格でもお得に始められます。

乳酸菌のサプリメントなので、腸の調子が整って活発化し、一時的にガスがたまりやすくなる体質の人もいるようです。
基本的に昔から漬物などで、体に入れていた乳酸菌なので、副作用の心配はなさそうです。

注意したいのは、アレルギー持ちの人です。
使用しているアレルギー表示対象原料は「大豆」のみですが、しっかり原材料を確認してください!

カゴメ「ラブレ」に副作用はある?

食品に分類されるため、医薬品とは異なり特に副作用はありません。
副作用ではないですが、他の乳酸菌サプリでは、ガスがたまる(おなら)・下痢になるといった口コミもありますが、カゴメのラブレにはそのような口コミは見つかりませんでした。

体質によっては合わないといったことも考えられるので、違和感を感じた場合は使用をやめてください。

カゴメ「ラブレ」はアレルギーに注意

副作用とは異なりますが、アレルギーを持っている場合は注意が必要です。

原材料からアレルギー物質をチェック

以下の原材料が使われています。

乳酸菌末(デンプン、還元麦芽糖水飴、乳酸菌)、HPMC、ステアリン酸カルシウム、(原材料の一部に大豆を含む)

※卵、乳、小麦、落花生、そば、えび、カニを含む製品と共通の設備で製造しています。

以上の原材料にアレルギーを持っている場合は、使用を控えてください。

栄養成分表示

(1粒当たり)
エネルギー 1~3kcal、たんぱく質 0~0.1g、脂質 0~0.1g、炭水化物 0.3~0.4g、ナトリウム 0~1mg、カリウム 0.2~0.7mg、リン 0.3~0.7mg

カゴメ「ラブレ」の過剰摂取に注意

副作用の危険性はありませんが、摂取量は守るようにしてください。

αGヘスペリジンの1日の目安摂取量

カゴメ「ラブレ」の1日あたりの目安摂取量は1粒になっています。

飲み忘れたからとその分多く飲んだりしないこと。
また、目安量を超えて多く飲むことで効果が高まるものではないので、目安摂取量の範囲で飲むようにしてください。

妊娠や授乳中の摂取は大丈夫?

お薬ではなく食品ですので、問題ないと思われますが、お身体がデリケートな時期でもありますので、かかりつけの医師にご相談のうえ、お召し上がりください。

国内のGMP認証工場にて製造

どのような工場でどういった工程で製造されているのかわからなく、安全性に心配。
また、成分や含量が表示どおりではないということも考えられます。

カゴメ「ラブレ」は、製薬メーカーでは義務となっているGMP認定の工場にて製造されています。
一定の品質が保たれているので、安全性の信頼度が高いです。

GMPとは

Good Manufacturing Practice の略で「適正製造規範」といいます。GMPは原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」を求めています。

引用:http://www.jhnfa.org/gmp-0.html

まとめ

最後に、カゴメ「ラブレ」の安全性について、おさらいしましょう。

・副作用の心配ない!目安摂取量は守る!
・アレルギーには注意!成分をしっかり確認する
・GMP認証工場の製造で信頼度が高い

もともと漬物などの食品に含まれている乳酸菌なので、副作用の心配はないようです。
成分には大豆ペプチドを使用しているので、大豆アレルギーの人は避けたほうがいいでしょう。
その他、製造ラインのアレルギーも気をつけたほうがいいですね。